2016年06月10日

宮古島(釣り・ボート編)

ようやく、宮古島最終章へ。

ラストの2日間は、地元の船『和剛丸』さんにお世話になり、
宮古島の海でひとつテンヤをしてきました♪

南国といえども、2月の海は肌寒く。
持っていった服を着られるだけ着こんでの参戦です。

096F46DB-15FD-473D-8A59-C2D4E7478994.jpg

現地調達した冷凍エビ、こっちから持って行ったスイムシュリンプ、
現地の船長さんお勧めの方法などなど
三人がそれぞれ、やってみたかったことを存分に楽しみ。

二日間とも、爆釣です!!!
初めは、立って釣りをしていた三人ですが。
波も高く、非常に揺れるので途中から、座っての釣りになり。
大合わせが効かずに、もぐられてしまった大物もいましたが。
それでも。大満足の釣果です。

292ED46E-C672-4068-AFEE-329218D14B68.jpg

B6EDC584-C1B2-4B0E-B10A-F7C8A30FB612.jpg

9654C5DD-2F1D-4FAB-BF8B-4210E85999B1.jpg

0F883624-9E9A-4E4C-8785-2B57BE737E6E.jpg

20B4FA37-0F32-401D-B35B-5E12AF28BA1B.jpg

050BFF19-53F1-4C21-86C6-ECD46E3D6AAA.jpg

E9E46A10-F550-432B-9632-C602A2F432D5.jpg

A81650CD-6DB0-4D46-8557-103374B7B296.jpg

74DBB24F-C8CC-45E4-A417-0A89E0C34EAB.jpg

E481D19B-77B7-428A-8264-ADB83E244FC8.jpg

9F408DFC-7E4F-4BC1-AC8A-1BC88AB491D8.jpg

32FCFEE2-9733-44B4-AF58-45BF91A8F5F0.jpg

スタート時は、
『そんな細いラインじゃ難しいよ〜。かかっても、獲れないよ〜。』と困り顔だった船長さんも。
納得の釣果となりました☆

二日間ともにクーラー満タン
FC2FA702-ACEE-4A21-8FB8-0AD0E0F9EB6B.jpg

27E6B7CA-9D62-4EBD-ACEA-A1950BC8783F.jpg

F20FCC28-0145-4593-99EE-C0CBDB05ED36.jpg

4094394F-5CDB-4CC4-921F-E23775A2BEFE.jpg

せっかく教えてもらっても、覚えていないくらい知らない魚がたくさん♪
少し前に話題になったバラハタも釣れました!
船長さんは、毒ありと毒なしを見分けられるんですって〜。さすが現地の方!

因みに、釣った魚は我々のお持ち帰り用以外も、
飲食店等に売るようで、写真、撮らせてください!と言わないと、
釣ったそばから船長さんが魚をキャッチして、あっという間に捌かれてしまいます(笑)
そんなわけで。
写真も、すでに内臓がないぞ〜。の状態です。
いわゆる高級魚ばかりだったようです。

釣りの様子は、和剛丸の船長さんも画像加工してくれたので。
こちらも是非。リンク先の一番上の画像クリックすると、YouTube見られます。
宮古島ボートひとつテンヤ一日目
宮古島ボートひとつテンヤ二日目

即、活締めをしてくれた甲斐あり!
とっても、美味しかったのは言うまでもありません。
52E7DA40-41CF-4622-AD1B-C11645A99B9F.jpg

E4EADA3E-FC08-42C4-BB24-2B23C73485FD.jpg

D50A5E2A-3A31-4F3A-8364-11C59EC13C5E.jpg

FB847161-164F-4FDC-8FA9-CADEA0C7B39B.jpg

こちらの調理は。宿泊先のオーナーが快く引き受けてくれました☆(もちろん有料です)
宿も、海の目の前で景色も良く、なによりも素敵な御夫婦の宿でした。

53B39E88-A21B-47A3-A4AC-E4DE893E1E85.jpg

宿でくつろぐ、釣りの相方と師匠を盗撮(笑)

13A9482A-0E86-4ABF-9D61-02B7FB0C487B.jpg

70C7F7BA-0538-4C6A-A091-32392AFE1B22.jpg

宮古島、また行きたいな〜
posted by マロン at 16:00| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: